読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばすの独り言

140字では収まりきらないことを。

私がライブに行く理由

音楽を聴いていて1番辛いこと。それは活動休止・解散・メンバー脱退といった悲しい出来事だと思う。

このような発表があるといつも「もっとライブで観たかったな…」などといった後悔に襲われる。

今回は私の好きなアーティストの活動休止・脱退を挙げながらライブに行く理由について書いていきたい。

 

昨年の3月2日、私が1番好きなバンドであるBase Ball Bearのギタリスト 湯浅将平さんの脱退が発表された。

その経緯が衝撃的なものであり、またバンドの結成15周年&メジャーデビュー10周年という記念すべき年にこのようなことが起こったことに「なぜ?どうして?」と頭の中が混乱したのは言うまでもない。

脱退発表から1年が経った今でも、願いが叶うならまた4人のベボベを観たいという気持ちは否定できない。

ただベボベは昨年9月にリリースしたベストアルバム「増補改訂完全版 バンドBのベスト」のリリースで4人体制への一応の区切りをつけ、4月12日に3人体制での初めてのフルアルバム「光源」をリリースすることが発表されている。いきなり片足を吹き飛ばされるような出来事があってもベボベは前へ進もうとしている。

今はただ「変わり続ける君を変わらず見ていたいよ」という気持ちで3人体制のベボベを追い続けたいと思っている。

 

この一件でももっと早くベボベのライブに行き始めていれば…という後悔は当然ある。私がベボベのライブに初めて行ったのは2014年なので4人体制のベボベのライブに足を運んだのは2年程でしかないのだ。

 

湯浅脱退については「ライブに行っていたけれどもっと行っていればという後悔」という感じだったが、「ライブに行かなかった後悔」をしたこともある。

  

2012年11月19日、シンガーソングライターのYUIさんが活動休止を発表した。

この年の9月にリリースされた「fight」がNコンの中学生の部の課題曲となり、紅白歌合戦への初出場が囁かれる中(実際に出場し『fight』ではなく代表曲の1つである『Good-bye Days』を披露)での発表には正直言ってびっくりした。

ただこの時何よりも後悔したこと、それは「YUIさんのライブに1度も行ったことが無かった」ということだった。

行こうと思えば行けたライブもあったけれど、高校生になってからでいいやとどこかで思っていた。活動休止が発表されたのは私が中3の時の秋であった。

 YUIさんの活動休止があって以来、「行かない後悔」というものはしたくないという思いを持つようになった。

現在はロックバンド・FLOWER FLOWERのフロントマンとして、パニック障害の発症や結婚・出産もありながらマイペースに活動を続けているYUI改めyuiさん。そして今日はyuiさんの誕生日である。30歳を迎えたということにはただただ驚くばかり…

ライブ活動は2013年のCDJ以降前述のパニック障害等もあり無いという状況だが、いつかFLOWER FLOWERのライブに行くことができたら…と思う。

 

ライブというのはアーティストの今を感じることのできる場所だと思う。

長い期間のツアーになると行く先々でアーティストの変化を感じることができるし、アルバムツアーなどは今そのアーティストが届けたいものを直に感じることができる。

 

ライブに行くことで「アーティストの今ある姿を目に焼き付ける」。

 

それが私にとってのライブに行く1番の理由なんじゃないか、と思う。